長期投資はいかに想定外を排除できるかが成功の秘訣!

ライザップゴルフ

ル・マン24時間レースでトヨタは、「あと1周」、「あと5分」でリタイヤしてしまう想定外のトラブルで悲願の優勝を逃した。「長期投資」では、想定外のことが起こってしまうと、最悪の場合、全財産を失ってしまうこともありうる。対応策は、極力、想定外を少なくするようにすること。

ル・マン24時間耐久レース、トヨタの想定外!

6月18日~19日に行われたル・マン24時間耐久レースで23時間55分までトップを走っていた中島一貴の運転するトヨタのマシンが突然止まった。原因は「ハイブリットシステムのトラブル」でした。

「あと1週!あとたった5分!」でトヨタの悲願であったル・マン24時間耐久レースでの待望の優勝が泡と消えた。

トヨタ陣営にとっては、「青天の霹靂」。まさに想定外の出来事だったことだろう。

トヨタは7月1日付け読売新聞の広告で次のようにコメントしている。

まだ、何かが足りない。

「敗者のままでいいのか」、あえてプレッシャーをかけ、悔しさを跳ね除ける戦いを続けてきた。全員が、力を尽くし、改善を重ね、「もっといいクルマ」となって戻ってきたル・マン。悲願を達成…と、誰もが、その一瞬を見守る中、目の前にあったのは、信じがたい光景だった。速くも強くもなった。しかし、ライバルは、もっと速く、もっと強かった…。TOYOTA GAZOO Racingは本当の“負け”を味わった。来年も、またこのル・マンに必ずや帰ってくる。勝利を目指して共に戦った全ての仲間達と共に競い合った全てのライバル達に感謝し、一年後、生まれ変わった我々を、再び全力で受け止めてもらいたい。

ル・マン24時間レース

ご声援ありがとうございました

トヨタの場合は、一年後の復活を誓って前向きに前進する意思を示しています。

投資の場合の想定外は致命傷!

長期に投資を続けていると、大幅な下落局面に遭遇することはよくあることです。その時、自分の想定内であれば充分対応できますが、自分が想定していた以上のことが起こった場合、多くの投資家が不安や恐怖に耐えられなくなってしまい、持ち分を売却してしまうなり、FXの場合などは強制ロスカットによって大幅な損失確定に見舞われたりした経験がある方もいるでしょう。

長期投資では、想定外による市場からの退場処分は、即、致命傷です。ですから、想定外を極力排除しなければなりません。

6月24日(日本時間)のブレグジット(英国のEU離脱)は朝方の残留での楽観ムードが一転して離脱へまっしぐらに転げ落ちて日経平均は1200円以上、ドル円は7円以上の下落に見舞われたが、「離脱」の場合を想定しておけば大きな傷を負わずに済んだことになる。

今一番考えられる想定外(考えられたら想定内じゃないの?)は、南海トラフ地震による日本の東京から大阪間の沿岸地帯が大打撃を被ることではないかと考えられます。

実際、こんな大地震が起きたら、日本の経済は大打撃を受け株式市場、為替市場、商品市場などあらゆる市場は機能麻痺をおこしてしまい、今までに経験したことのないようなことになることでしょう。

現実的にこの様な大地震の発生は想定されても、それに対する具体的な対応は、どの市場関係者も持ち合わせていないのが現状でしょう。

唯一の対応策は、一から出直し!

AME8444d_TP_V

南海トラフ大地震が発生すれば多くの人命が失われ、交通機関、水道、電気、ガスなどインフラ設備が麻痺してしまうこととなります。株式、為替の市場も「ガラガラポン」でリセットされてしまい、「一から出直し」状態になってしまうでしょう。

こんな状況になったら、ジタバタしても仕方がありません。株や為替に現を抜かしている場合ではないかもしれません。

「長期投資は、いかに想定外を排除できるかが成功の秘訣!」というタイトルとしましたが、想定は出来ても市場が機能せず対応が出来ない出来事が起こってしまっては、どうすることも出来ませんが、あらゆる局面を想定して想定外の出来事を極力少なくして対応策を講じておくことが、最も大事な成功の秘訣と考えます。

スポンサードリンク