「青春18きっぷ」は、金はないが時間がある年金世代の特権きっぷ!「青春18きっぷ」の「ぶらり旅」は、「長期投資」の「ぶらり投資」!

ビットフライヤー

「新幹線」が目的地に一直線に進む「短期投資」ならば普通車を利用する「青春18きっぷ」は、景気の波や企業の長期の業績を見極め、長期でゆっくり投資する「長期投資」に相通ずるものがあります。

「青春18きっぷ」は、年齢にかかわらず、1日、1人、2,370円で全国乗り放題きっぷ!

「青春18きっぷ」は、年齢にかかわらず、一人で5日間、または5人グループで1日旅行の利用で11,850円(1日、1人換算2,370円)のお得なきっぷです。普通・快速の普通自由席で乗り放題きっぷですので、時間に余裕のある年金世代に大人気のきっぷです。

【 発売期間と利用期間(平成28年用)】は下記の通りです。

(春季用)発売期間:平成28年2月20日(土)~平成28年3月31日(木)

利用期間:平成28年3月1日(火)~平成28年4月10日(日)

(夏季用)発売期間:平成28年7月1日(金)~平成28年8月31日(水)

利用期間:平成28年7月20日(水)~平成28年9月10日(土)

(冬季用)発売期間:平成28年12月1日(木)~平成28年12月31日(土)

利用期間:平成28年12月10日(土)~平成29年1月10日(火)

田舎駅

私も「青春18きっぷ」利用者の一人で、今までに四国一周や愛知県に帰省時にわざわざ関西本線経由などを利用して帰りました。

四国一周では、高松・坂出の「讃岐うどん」、宇和島の「じゃこ天」、高知の「かつおのたたき」などその土地ならではの地元グルメを堪能し、以前に「青春18きっぷ」のポスターにもなった「下灘」駅からの景観などに感動したおぼえがあります。また、四日市の「トンテキ」目当てに「青春18きっぷ」を利用してわざわざ関西本線経由で帰ってみたりしました。

ただ、地方のローカル線では、普通電車しか乗れませんし、電車の本数が極端に少ない路線もありますから、事故などで計画通りにいかなかった場合は、最悪、野宿を強いられるなどの場合もあり得ます。

 

また、最近は「新幹線」の開業が相次ぎ、「新幹線」開業路線と平行するJR在来線は、第三セクターなどの経営に切り替わっていってしまい、「青春18きっぷ」の利用区間が縮小しています。

新幹線

「北陸新幹線」の長野-金沢間の開業に伴い、在来線が「えちごトキメキ鉄道」「あいの風やまと鉄道」「IRいしかわ鉄道」などに置き換わり、「青春18きっぷ」の利用は、「えちごトキメキ鉄道」では別料金が必要となり、「あいの風やまと鉄道」「IRいしかわ鉄道」では、特定駅での下車や通過のみ可能などの制限が設けられてしまいました。

「青春18きっぷ」の利用範囲が縮小されるのは、利用者としはさみしいかぎりです。

SL

「長期投資」スタンスも「ぶらり投資」、「ゆっくり投資」スタンス!

ところで、「長期投資」のスタンスも「青春18きっぷ」の「ぶらり旅」ならぬ「ぶらり投資」または「ゆっくり投資」といえ、投資前に決めた方針に沿って、日々の相場変動に惑わされない投資スタンスが基本となります。

そもそも「長期投資」自体、1年、2年で成果を求める投資手法ではなく、5年、10年、20年のスタンスの投資手法であるので、順風な景気拡大局面もあればリーマンショックのような景気後退期局面に見舞われることも想定して、「世界経済の拡大」「個別企業の業績拡大」を信じて投資する投資スタンスです。

日々の相場環境に一喜一憂することなく、今年の夏休みは、「青春18きっぷ」で一人気ままに「山陰地方」に出かけてこようかと思っています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA